賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラントのキホンをおさらい » 入れ歯・差し歯・ブリッジとの比較

入れ歯・差し歯・ブリッジとの比較

ここでは、インプラントとその他の歯の補てん方法(入れ歯・差し歯・ブリッジ)の違いをまとめています。

他の治療と比べたインプラントのメリット

入れ歯、差し歯、ブリッジと比較したときのインプラントのメリットは、「見た目が美しいこと」「健康な他の歯への影響がないこと」「違和感がないこと」などが主に挙げられます。 入れ歯やブリッジは外科手術の必要もなく費用も抑えられますが、他の健康な歯に悪影響を与える可能性が高いので、長期間維持することは難しいのです。 その点、インプラントは天然歯と同様に噛む力も失わず、メンテナンスさえきちんとすればずっと使い続けることができます。長い目で見てもメリットの大きな治療法といえるでしょう。

各治療とインプラントの違いをさらにくわしく解説!

それでは、入れ歯・ブリッジ・差し歯とインプラントの違いについて、さらに具体的に見ていきましょう。それぞれ別々にまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

入れ歯とインプラントの違い

ご存知のとおり、入れ歯は取り外し式の義歯を使って欠損した歯を補う方法。治療が単純で短期間で済むこと、保険が適用されること(治療費を抑えられる)がメリットです。
一方、噛む力が天然歯の2~3割程になってしまうデメリットもあります。また、入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、部分入れ歯はクラスプと呼ばれる留め具を前歯や奥歯に引っ掛けて義歯を固定するため、その歯に大きな負担がかかって傷めてしまう恐れも。総入れ歯は、上顎の場合は口の粘膜に密着し、下顎の場合は歯茎の上に装着しますが、口全体を覆うことになるため食べ物の味や温度を感じられなくなることがあるほか、入れ歯が合わないと外れてしまったり、物をうまく噛めない、痛みを感じるといった問題が生じることもあります。

その点、インプラントは天然歯と同感覚で噛むことができ、また固定がしっかりできているので外れることもありません。さらに見た目も自然で、金具が見えてしまうような心配もないです。

ブリッジとインプラントの違い

ブリッジとは、歯を失った箇所の両側の歯を削って支柱にし、そこに一体型の人工歯を被せて欠損部を補う方法です。
入れ歯のようにガタつくこともなく、外科手術も要らないのがメリットです。
しかし一方で、支柱となる天然歯を削らなくてはならず、過重な負担を強いることで歯の寿命を縮めてしまう恐れがあります。さらに、歯肉とブリッジの間に詰まった食べ物カスが歯周病や虫歯を誘発することも。

その点、インプラントは、周りの天然歯を削って負担をかける必要がありません。欠損した歯の根も補われるので力が均等にかかり、残っている歯への影響はほぼないので安心です。

差し歯とインプラントの違い

差し歯とは、天然の歯根が残っている場合に、そこに歯冠部を差し込む方法。残った歯根にプラスチックや金属製の土台を入れてかぶせ物をするのです。
つまり、歯根が残っていることが絶対条件であり、まったく歯がない状態や、歯を抜いてしまった場合は差し歯治療をすることができません。欠損した歯を補う入れ歯やブリッジとは性質が異なる治療といえるでしょう。

これに対し、インプラント治療とは、歯がない場所に歯根の代わりとしてインプラントを埋め込み、その上から人工歯をかぶせる方法です。天然の歯根を利用する差し歯に対し、人工歯根を骨の中に埋め込むという点でまったく異なります。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら