賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラントのキホンをおさらい » インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、どのような治療なのか。治療のメリットやインプラントの役割、構造、寿命などをくわしく解説します。

インプラントとは…あなたの新たな永久歯

インプラントとは、失った歯のかわりに付ける人工歯のこと。入れ歯やブリッジと異なり骨にしっかり結びつくので、天然歯と同じようにものを食べたり噛んだりすることができます。もちろん虫歯にもなりませんし、まさに新たな永久歯と言える心強い存在です。

また、他の残っている歯に負担をかけない点もインプラントの魅力と言えます。

インプラントの構造は3つのパーツで成り立っている

インプラントはこのような構造となっています。

インプラントは安全なの?持続期間は?

インプラントに使われている素材は、アレルギーが起こりにくく骨との親和性の高い安全な「チタン」がほとんど。骨折したときなど整形外科での治療で使用されるボルトやナットと同じ素材なので安心です。

平均的な寿命は入れ歯が4~5年、ブリッジは7~8年に対し、インプラントは、35年以上と言われています。10年後の累積残存率は9割で10年保証を設けているメーカーもあり、ほかの治療法と比べると、半永久的に使える人工歯であることが分かります。

インプラント自体が腐ったり溶けたりしないので、扱い方次第で半永久的に使い続けることができますが、医師の技術力やメンテナンス次第で、寿命が大きく左右されます。

永久歯として永く使っていきたいなら、経験豊富な医師に手術してもらい、治療後は適切なメンテナンスを行うようにしましょう。

インプラント治療は痛い?

通常インプラント手術では、局所麻酔をして行います。恐怖心が強い方向けに「静脈内鎮静法」などを併用し、眠ったような状態で手術を行うクリニックもあるので、痛みに敏感な方はも安心して治療できます。

術後の痛みは治療方法や個人によって差はありますが、抜歯と同じぐらいの刺激と言われています。

とはいえ、手術のために入院する必要もありませんし、翌日から普段通りの生活を送ることができますので、痛みによる負担はほとんどないと言えるでしょう。

インプラント治療ができない人

次のような場合、インプラント治療を受けられないことがあります。

治療できない可能性のある人

  • 重度の歯周病
    インプラントを打てるだけの骨がないため。ただ、骨移植(再生治療)などを行なうことで、インプラント治療ができるようになるケースも増えてきています。
  • 長期間歯が抜けてそのままにしている
  • 噛み合わせに問題がある
    歯軋りをする方は、夜間にマウスピースを使用する等の対策をすることで、手術可能になる事があります。
  • 全身的な疾患がある
    心筋梗塞、高血圧などの循環器疾患や血小板減少症などの血液疾患の場合は、医師に相談してみて下さい。白血病は絶対禁忌と言われています。
  • 治療後に定期的なメンテナンスが出来ない人
  • 糖尿病の人
    数値コントロールをしていれば可能。若年性糖尿病は難しいと言われています。
  • 喫煙者
  • 18歳以下の人

いずれの場合も、対策次第で治療できるようになるケースが増えてきています。上記に該当する方が、治療可能かどうかカウンセリングで医師に相談してみましょう。

インプラント治療の流れをチェック

気になるインプラント治療の流れを整理してみました。治療の流れや内容をわかりやすくまとめていますので、目安としてご確認ください。

カウンセリング

インプラント治療は事前のカウンセリングを丁寧に行ないます。インプラントには、さまざまな種類や治療方法があるので、患者の状態を考慮して最も適した治療計画を説明してくれます。高額な治療であることから、丁寧なカウンセリングをするクリニックを見つけましょう。カウンセリングは歯に対する悩みや理想を聞き出すように始まります。持っている悩みを解決できるように自分の説明を伝えるのが、インプラント治療の第一歩です。差支えのない範囲で、生活習慣の確認をする場合もあります。

治療法や手術内容についてですが、簡単な説明だけを聞くだけではいけません。一般的な手術の成功率や起こりうるリスク・デメリットなどの確認を忘れないようにしましょう。インプラントでどのような治療が可能なのか、自分の希望に合った治療法を選択できるかも大事です。カウンセリングの途中で疑問が出てきたら、すぐに質問しましょう。小さな疑問を残すと大きな不安になります。手術中に体を硬くなってしまうとトラブルにつながることも。

カウンセリング時間は疑問点の多さにもよりますが、目安として1時間程度です。インプラントについて十分な知識や納得をしたら、治療のための精密検査に入ります。

精密検査

精密検査は、インプラント専用のレントゲンやCTスキャンなどを使用して実施。現在の歯の状態、骨の状態など隅々まで調べます。

インプラントは顎の骨に土台を埋め込む施術です。骨周辺の神経や血管にダメージを与えると、予期せぬトラブルが発生します。リスクを最大限回避するためでの調査が大事です。

どんなに経験豊富な歯科医であっても、検査なしで行えば神経や血管に思わぬ損傷を与えてしまいます。患者一人ひとり、神経・血管の位置・骨の厚さが異なっているからです。

調整も不可欠で、インプラントを快適に使いつづけるためにさまざまなチェックも行います。

治療計画

精密検査が終了すると、治療計画が立てられます。歯にかかる力の方向や強さなどを見て、総合的に判断した上での立案となります。

必要な歯の本数やインプラントを埋め込む骨の状態から、さまざまな治療法が選択できます。一人ひとり異なる状況に最適治療方針を探っていく形です。例えば、検査の結果でアゴの骨の厚みが足りない人は骨を増やす手術から実施します。インプラントを入れるには、骨に一定の厚みがないと難しいからです。

インプラントをすぐに埋め込めないケースもあります。インプラントを埋め込みたい場所が歯周病となっているケース、糖尿病になっているなど状態が良くない場合です。この場合は、まず病気の治療や症状の改善から始めなくてはなりません。

インプラントの弊害となる病気の治療の完了後、あらためてインプラントの治療計画を立てます。

1次手術

インプラントの手術回数は、一般的に2回です。1次手術は歯茎を切開して顎の骨を削り、ネジ状のチタン製インプラントを顎骨の中に埋め込みます。局所麻酔を使い、手術は1~3時間ほどで完了します。

一般的な歯科治療と異なり、手術中の感染を避けるために滅菌・消毒の行き届いた専用の手術室が用意されていることが多いです。入院の必要はなく、すぐに日常生活をおくることができます。

定着期間

1次手術のあと、定着期間を設けて骨とインプラントの土台が結合するのを待ちます。個人によって長さは違いますが、インプラントが安定した状態になる期間はおよそ2~6ヵ月程度必要です。

定着を待つ間は手術した場所が歯抜けの状態となってしまいます。生活や仕事に支障がでてしまうので、定着期間中はインプラント上に仮歯を入れておきます。仮歯を入れると噛み合わせが安定し、隣同士の歯が動いてしまうことを防止できるのです。見栄えも悪くありません。

仮歯の多くはプラスチック製のため、噛み合わせ検査で様子を見ながら月に1度交換していきます。

2次手術

2次手術では、人工の歯を取り付ける準備をします。インプラントの土台が安定・定着したら、歯ぐきに埋まったインプラントの頭を出します。

歯ぐきの状態が良くなるまで1~6週間おき、個人に合った人工の歯を作るために型を取ります。専門の歯科技工士が調整を担当して、インプラントを仕上げます。

術前の検査を参考に、歯並びや周りの歯の色・噛み合わせを考慮した人工歯を作成します。人口歯を装着すれば、インプラントの装着は完了です。

メンテナンスと定期検診

インプラントは装着したら終了ではありません。口の中を衛生的に保つ必要があり、継続的なメンテナンスが不可欠です。

メンテナンス・定期検診は装着後の1週間から始まり、1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月後というスパンで行ないます。適切な指導を受け、インプラントの使い心地や経過状況・人工の歯の状態・噛み合わせなどを確認する期間です。

インプラントを入れたあと周囲の骨が痩せるインプラント周囲炎が起こる可能性が考えられます。その予防も兼ねて、定期的に通院をしましょう。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら