賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラントのキホンをおさらい » インプラント治療の痛みとケアについて

インプラント治療の痛みとケアについて

インプラントは歯を失ったなどで不便を感じている方にとって、代用の歯を埋め込む有効な治療方法といえます。ですが、インプラント治療の価格や手術中の痛みが気になり、なかなか手術を受けられない決心がつかないケースもあるはずです。

インプラント手術の痛みについて悩まれる方のため、以下の項目を解説していきます。

わかりやすく解説していくので、参考にしてみてください。

インプラント手術の痛み

手術そのものは痛くない

インプラント治療は顎の骨に穴を開けて、インプラントを埋め込む手術です。外科手術のため、十分に麻酔を効かせての施術となり、痛みを感じることは基本的にないといってよいでしょう。注射を使う麻酔は少し痛みますが、痛みが苦手な人も我慢できるレベルです。

インプラント治療は本数に寄りますが、一本であれば20分から30分で完了します。治療時間に合わせて処方していくことから、インプラント治療の最中に痛みを感じることはほとんどないと考えて良いでしょう。

手術中に麻酔が切れた場合

「麻酔をすれば痛くない」といっても、手術中に麻酔が切れる心配をしてしまう人もいると思います。手術中に麻酔が切れてしまうケースがないとは言いきれません。その場合は麻酔を追加して対応してくれます。麻酔が効きにくい奥歯といった場合でも麻酔を追加してサポートしてくれます。

麻酔に関しての不安は、担当の歯科医とコミュニケーションをしっかり取っておくと解消できます。誰でも持つ不安といえますので、治療前に相談をしておくように心がけましょう。

それでも痛みが不安なら

麻酔は人それぞれ効き目が違います。「もし痛かったらどうしよう」といった不安は、施術を担当する歯科医も理解している事柄です。痛みに対する不安が強い方に対しては、「静脈内鎮静法」という方法もあります。「静脈内鎮静法」は、鎮静作用のある薬を静脈に点滴して痛みを緩和させる方法です。

痛みが苦手な方やインプラントの治療本数が多い場合・手術が長時間に及ぶ場合に採用される方法ですので、痛みについての不安がどうしても消せない場合は相談してみてください。クリニックによって行えない場合もありますので、その点も確認しておくのがおすすめです。

インプラント治療後の痛み

手術後数日は痛みがある

インプラント治療で切開や縫合を行っても、麻酔のお陰で痛みをほとんど感じません。麻酔が切れる治療後は、数日ほど痛みが続きます。痛みは個人差がありますが、インプラントの本数や治療方法・範囲が関わるポイントです。治療後の痛みに備えて痛み止めの処方もあるので、「痛みに耐え続けなくてはいけない」といったような事はありません。

痛み止めが効かない場合もある

インプラント治療を行った後、強い痛みを感じる方もいます。痛み止めが効かないケースもあるため、痛みの緩和を考えるなら、早めにインプラント治療をしたクリニックに相談し適切な治療や対処を行ってもらいましょう。

抜歯をする時に痛みを感じる場合がある

インプラントでは歯茎を縫う必要があり、手術後に抜糸を行わなくてはいけません。抜歯時に痛みを感じる場合は「表面麻酔」によって痛みの緩和が可能です。「表面麻酔」は塗るタイプの麻酔なので、注射が苦手な方でも抜糸の痛みを軽減ができます。

インプラント治療の痛みと他の治療の違い

インプラント治療で感じる痛みは、神経に関わる虫歯の治療や複雑な生え方をした親知らずの治療と異なります。歯への痛みがある状態での治療ではなく、計画的に治療を行なえるので痛みをコントロールさせやすい治療です。

インプラント方法での痛みについて

自分の骨を同時移植するケース

インプラントの手術には、自分の骨をインプラント箇所に移植する方法があります。自分の骨からの移植は手術を2ヶ所行うため、痛みを感じる部分が増えるものです。治療を担当する歯科医も理解している点なので、骨を採取する工程はできるだけ痛みを少なくできるよう手術を進めてくれます。

人工の歯を同時移植するケース

自分の歯を同時に移植するケースは2ヶ所の手術が必要ですが、この場合の手術部位は一箇所のみです。人工の骨をインプラント箇所に移植するため歯茎の切開が必要になります。その歯茎の切開によって、腫れや痛みを感じるケースもあるようです。

歯茎を同時移植するケース

インプラント手術の際、歯茎の厚みが足りない場合は、上顎の内側から歯茎を移植して厚みを補う必要があります。インプラント部分の痛みは少ないものの、数日間移植する歯茎を取った部分に痛みや違和感が生じるのに注意が必要です。

サイナスリフトを同時に行うケース

サイナスリフトは、上顎の骨に厚みが足りない場合に人工の骨を使ってその厚みを補い、インプラントを埋め込む方法です。骨を歯茎に移植する際に穴を開ける必要と切開を行うため、腫れや痛みが発生しやすくなり、腫れは一週間程度出てしまうこともあります。

ソケットリフトを同時に行うケース

サイナスリフトと似たような手術方法でソケットリフトがあります。ソケットリフトは、サイナスリフトのように穴を開ける必要もなく歯を削る量も少ないので痛みは最小限に抑えられます。

ソケットリフトは歯を支えているアゴ骨の部分が極端に少ない場合は選択できません。人工の骨を使うサイナスリフトに切り替わります。

インプラントでの痛みを自分でケアするには

患部を冷やし続ける

インプラント手術の後の痛みを軽減させるには、なるべく患部を冷やすことが効果的です。癒す時は水で絞ったタオルで冷やしましょう。

氷や保冷剤などを使ってしまうと冷たくなりすぎてしまい、循環障害が起こり傷の治りが遅くなることもあるので注意しましょう。また、手術から1日から2日経った場合、温めた方が痛みが緩和する場合もあります。

食事はなるべく柔らかいものを選ぶ

固いものを食べると口の中で噛み砕く必要があり、その衝撃が治療部分に悪影響になってしまう場合があります。

そうならないよう豆腐やヨーグルトなど、あまり噛まなくても食べられるような食事を心がけると歯茎への負担も少なくて済みます。

喫煙や飲酒をしない

タバコやお酒は患部を刺激します。そうなると患部が腫れたり膿んだりといったトラブルになってしまうことがあるので、インプラントの手術後は禁煙・禁酒を徹底しましょう。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら