賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラントのキホンをおさらい » インプラントの支払い方法について

インプラントの支払い方法について

インプラントの支払いについての注意点

インプラント治療は虫歯や歯周病治療などの保険診療とは異なり、健康保険が適用されない自由診療です。そのため、治療費は高額になりやすく、金額は歯科医院やクリニックによって費用はマチマチです。そのため、歯科医院によっては、リーズナブルなインプラント治療を売りにすることもあります。

しかし、多くの場合は、インプラント1本あたりおよそ30万円程度が一般的な治療費です。治療費はインプラント治療に使用する方法や材料のメーカー・品質などによって大きく変わります。医院を決める際は、費用の安さだけで決めることは避けましょう。医院や歯科医の信頼性や実績・経験などを判断材料にするべきです。

信頼できそうな場合でも、事前の初診相談時には費用の内訳をきめ細かく疑問点が残らないように確認しましょう。特にインプラント治療を検討している方にとっては、支払い時期・方法が気になるはずです。自由診療のため、治療費の支払い時期や支払方法は異なっています。

一般的なインプラント費用の支払い方法ですが、現金分割・現金一括・デンタルローン・クレジット分割など、複数のプランが利用可能です。確認しておくべき点がいくつかあります。

最も大事なのは、後々追加料金大きく発生しないかどうかを確かめておくことです。事前のカウンセリングを行うクリニックも多いので、その時に治療方針や金額をしっかりと納得ができるように確認しておきましょう。

現金払いのメリットとデメリット

現金払いのメリット

現金払いのメリットは、支払いを一度で終わらせることができる点。数回の支払いを面倒に感じてしまうよりも、精神的にも良いと言えます。現金分割が可能な場合もありますが、現金分割はクリニックによって治療期間内のみ可能といった条件があるので、支払いをする条件は確認する必要があります。

現金払いのメリットとして、クレジットやローンと違い、手数料の上乗せもありません。クレジットやローンなどを利用した場合、手数料の上乗せがあります。数パーセントですが、インプラント治療は高額なので、思ったよりも支払いがかさむのが難点です。かかった費用のみの支払いが可能である点は、現金払いのメリットといえます。

現金払いのデメリット

現金払いのデメリットは払い方によって異なります。一括支払いの場合は、多額の現金を持参する必要があります。分割払いの時は、生活に無理がないよう事前に支払い計画を立てないといけません。振込なら、手数料や手間を負担しなくてはならないこともネックです。

インプラント治療は決して安い治療ではないので、想定していたより多額の費用がかかります。実際に一括で支払いができない方は多く、定期的な出費となってしまうので経済的な負担も大きいと感じてしまうでしょう。

クレジット払いのメリットとデメリット

クレジット払いのメリット

クレジット払いのメリットは、現金の持ち合わせが心もとなくても、インプラント治療を受けられる点です。診療費用をクレジット決済すれば、利用額に応じてポイントやマイルを貯めることができるので、高額なインプラント治療ならポイント面でメリットがあります。ポイント還元率が優れているクレジットカードであれば、保険がきかず高額になってしまうインプラント治療で多くのポイントがつきます。

また、クレジット決済のメリットとして、分割払いが利用できるのも見逃せません。インプラント治療でクレジットカード決済をすれば、分割払いで決済も可能です。医院によって対応は異なりますので確認は忘れずに行ないましょう。高額な治療になることが多いインプラント治療では、クレジット決済は大きなメリットがあります。生活での支払いをクレジット払いにまとめている場合は、使うことを検討してみてください。

クレジット払いのデメリット

クレジット払いのデメリットは、手数料が高いという点や使える場所が限られる点です。インプラント治療のような自由診療だと、手数料の上乗せをしている場合があります。手数料を上乗せする行為は、不正行為としてクレジットカード会社が禁止しています。本来は禁じられている行為ですが、実際に上乗せ対応をしている場所もあるのが現実です。

中には公式サイトに堂々と手数料を上乗せすることを記載している医院もあります。もし支払いに納得ができない場合は、クレジットカード会社に確認するべきです。

デンタルローンについて

自由診療であるインプラント治療費は高額になりやすく、治療費用を一括で払うのが難しいケースが多くあります。クレジットカードでの分割払い以外なら、デンタルローンという選択肢があります。1回あたりの支払い負担額が減らせるので、多くの患者が利用している支払方法です。インプラントや歯科矯正、審美歯科治療などさまざまな歯科治療の支払いで利用可能です。

一般的な分割手数料(金利)は、支払い回数により異なりなすが、3.25%~13.75%となっています。 デンタルローンとカードローンの比較をしてみると、デンタルローンはカードローンより分割手数料が有利になりやすいです。申し込み条件は、ローン会社によって異なります。20歳以上の場合もありますが、18歳以上から利用可能のケースも。また、安定して継続収入がある人が条件となっています。

パートやアルバイト・主婦・年金受給者などの場合、申し込みはできますが審査が通らない場合もあります。必要書類は、本人確認書類として収入証明書・歯科医院からの見積書や請求書など金額確認ができるものの写し。また、利用額や申し込み内容によっては連帯保証人が必要です。一般的にイメージされるカードローンと申し込み条件はあまり変わりません。カードローンの手数料よりも少しでも安くしたいと考えるなら、デンタルローンで施術を受けてみる価値はあるはずです。

一般的な利用上限金額は3万円~200万円となっており、ローン会社によっては500万円まで可能な場合も。返済は口座振替による3回~60回払いが主流です。均等分割返済・ボーナス一括返済・均等分割ボーナス併用返済などがあり、月々の支払金額を調整できます。ローン会社によっては一部繰り上げ返済、支払い途中の一括返済に対応していることもポイント。ジャックス・新生銀行・スルガ銀行・オリコ・日本信販などがデンタルローンの取り扱いとして有名です。

節税ポイント

インプラント治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。負担を軽減するための制度で、一年間に10万円以上を治療費として支払った場合、所得税の一部が戻ってくるもの。その年の1月1日から12月31日の間に自分や家族のために支払った医療費が対象となります。インプラント診療は見た目の改善を主な目的とする矯正や美容手術とは違います。自家用車やブランド品のような贅沢品でもないので、税務署への簡単な確定申告でお金が戻ってくるのです。インプラント診療を行った場合は忘れずに、翌年の確定申告時に申請しましょう。

場合によっては費用の半分以上が還付されるケースもあり、かなりの控除額になります。所定の申告書への記載・提出だけで、結果的に大きく治療費の負担を減らすことになるのです。

ただし、注意点もあります。領収書のほか、通院時期が分かるよう診察券を控え、通院日を確認できるようにしておきましょう。電車やバスなどの交通費は含まれますが、自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車場代は除外されます。金額を記録し提出する必要があると覚えておいてください。疑問点があれば、居住地を管轄する区役所や市役所・税務署などに問合せをしておきましょう。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら