賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラントのキホンをおさらい » 種類

種類

インプラントの種類を解説しています。形状や歯茎への影響などからその違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

インプラントの形状もさまざま

インプラントは、歯根部分となる「人工歯根(インプラント)」やインプラントと人工歯を連結する「アバットメント」、新しい歯の役割をする「人工歯(クラウン)」、3つのパーツで構成されています。

現在使われているインプラントシステムは、世界中で100種類以上。ストローマンやノーベルバイオケア、京セラをはじめとする各メーカーが、最新技術を駆使したインプラントを研究開発しています。

人工歯根(インプラント)の種類はおもに4つ

インプラントシステムの中で、最も重要となるのが歯茎に埋め込む人工歯根(インプラント)。主に4種類のタイプがあります。

スクリュータイプ
ネジのような形をしたインプラント。骨に埋め込むサイズが小さく、噛む力を骨に伝える効率が良いことから、現在最も多く使用されているインプラントです。
先が細い「ルートタイプ」、太さが変わらない「ストレートタイプ」の2種類があります。
シリンダータイプ
歯科医院でよく採用されている主流のインプラントです。ネジがらせん上ではなく円筒形となっている形状。凹凸がないので簡単に埋め込むことができます。
ただし、表面積が小さいため、初期固定が弱いというデメリットが。2回法の適したインプラントです。
バスケットタイプ
スクリュータイプとの違いは、穴が数箇所開いていて、中が空洞になっている点。骨が中まで入り込むので、しっかり骨と結合させることが可能です。
ただ、空洞なので強度は弱く破損の恐れがあるので、最近はあまり使われていないようです。
ブレードタイプ
T字の板状で幅が狭く薄いので、骨幅が狭い個所に使われていましたが、力のかかり方にムラがあり破損の恐れがあるので、今ではほとんど使われていません。

インプラントの種類も多彩また、インプラントシステムは、インプラントとアバットメントが一体になった「ワンピース型」と、別々になった「ツーピース型」の2つがあり、1回法と呼ばれる治療法では、ワンピース型が採用されています。

一人ひとりの口内環境に合わせ、専門医がどのインプラントシステムを使用するかを選んでもらえますが、扱っているインプラントシステムは歯科医院によって異なります。予算や歯の悩み、重視するポイントなどからインプラントシステムを選んだうえで、クリニックを探すと良いでしょう。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら