賢くインプラント治療をするための費用Navi » 納得のインプラント治療を受けるために知っておきたい相場や価格の仕組み » インプラント全歯治療の費用相場と注意点

インプラント全歯治療の費用相場と注意点

総入れ歯を使用している人や歯を保存しておくことが困難な人の場合、「All on 4(オールオンフォー)」など、全ての歯をインプラントに置換するインプラントの全歯治療が行われることもあり、費用についても慎重に考慮することが必要です。インプラントの全歯治療について、費用の相場や種類、注意点などをまとめて解説します。

インプラント全歯治療にかかる費用

少ないインプラントで複数の歯をカバーするインプラント治療

かつては、何らかの事情で歯を全て失った人や、重度の虫歯や歯周病などで歯や歯を支える骨がぼろぼろになっている人の場合、それぞれの歯に対して1本ずつインプラントを埋め込む必要がありました。

しかし現在は、4~6本だけで連結した人工歯を支えられる、特殊な形状の専用インプラントを、上あごや下あごに土台として埋め込むことによって、上下それぞれの歯をまとめてカバーできる、「オールオンフォー」や「オールオンシックス」といったインプラント全歯治療が開発されています。

インプラント全歯治療はコスパが良い?

従来のように、全ての歯を1本ずつインプラントに置き換える治療法では、本数分だけインプラントの埋め込みが必要になり、費用総額も非常に高くなりました。

一方、特殊なインプラントを使用する現在のインプラント全歯治療では、そもそも埋め込むインプラントの本数が、人の全歯の本数よりも少なくてすむため、結果的にトータルの費用で比べると、全歯治療の方が安くなるケースも珍しくありません。

また、連結した上部構造(人工歯)を使うため、ブリッジのように既存の歯に固定させる必要もなく、歯やあごの骨の状態が悪い人でも治療できるメリットがあります。

人工歯の素材によって金額は大きく変わる

専用インプラントを利用したインプラント全歯治療では、埋め込むインプラントの本数を少なくできる反面、人工歯である上部構造はどうしても全歯分が必要になります。

そのため、インプラントの全歯治療では、使用する人工歯の素材によって、費用総額が100万円単位で異なるケースも珍しくありません。

人工歯の素材によって審美性や耐久性は大きく異なります。インプラントの全歯治療を検討する場合は、単純な費用面だけでなく、どうしてインプラントの全歯治療が必要なのか、生活スタイルやニーズ、その後にインプラントと付き合っていくであろう期間の長さなども考慮して、自分にベストな治療方法を選択することが重要です。

インプラントの全歯治療は原則として自由診療

全ての歯を失った人が保険治療で歯を取り戻す場合、基本的には総入れ歯が適用になります。しかし、総入れ歯はほとんど全ての人に使える反面、装着時に違和感を覚えたり、思い通りに噛む力が伝わらなかったりと、何かしら不満が残ることも多いでしょう。

反面、インプラントの全歯治療ではしっかりと歯を固定することができるため、天然歯と同じような感覚で日常生活を送れるということが最大のメリットです。

ただし、インプラントの全歯治療は原則として保険適用外となるため、自由診療による治療となり、クリニックによって治療費や仕上がりが変わりやすいというデメリットがあります。

インプラント全歯治療の費用相場

インプラントの全歯治療が自由診療であるからこそ、クリニックによって治療費は大きく異なる上、使用する人工歯の素材などによっても治療費は変動するでしょう。

そのため、インプラントの費用の目安を一概に決めることは難しいですが、一般的には「180万~250万円」程度が費用相場とされています。

ただし、これは人工歯の素材としてレジン(プラスチック)を使用した場合であり、セラミックを使用した場合、およそ80万~150万円ほど金額が上昇する可能性があることにも注意してください。尚、レジンとセラミックを融合させたハイブリッドタイプなども存在します。

また、実際にはこの他にも、診察費や検査費、手術費、麻酔料金、薬代、事前の歯周病治療費や骨造成費用といった費用が別途かかるかも知れないので、詳細については必ずカウンセリングで担当医へ詳しく確認することが必須です。

インプラント全歯治療の費用相場例

税別1,800,000~2,500,000円(プラスチック人工歯の場合)

※ハイブリッド人工歯やセラミック人工歯の場合、さらに費用は増。

インプラント全歯治療では術後の定期メンテナンスも必要

インプラント全歯治療では、治療を行うための費用だけでなく、その後の定期メンテナンスの費用についても考えることが欠かせません。

日常的なオーラルケアやクリニックでの定期メンテナンスを怠った場合、歯周病などによってあごの骨が劣化したり、人工歯に思いがけないトラブルが生じたりして、再び歯を失ってしまう危険性もあります。

そのため、インプラントの全歯治療では単純な治療費だけでなく、メンテナンスやアフターケアにかかる費用や、万一の際の保証に関する費用についても、事前に細かく確認しておくようにしましょう。

全歯治療が保険適用となるケース

原則的に保険適用外となるインプラント全歯治療ですが、先天性の病気の治療や重大な事故によるケガの治療など、インプラントでなければ回復が困難だと認められるような場合に限り、例外的に保険治療の可能性が生じるケースもあります。

ただし、具体的には症例や状態によっても異なり、治療を受けられる施設がかなり限定されるため、詳しくは必ず担当医へ相談するようにしてください。

インプラントが保険治療となる症状の条件

以下の条件の内、最低1つ以上を満たしている場合に限られます。

インプラントの保険治療を受けられる医療機関の条件

以下の条件の全てを満たしている医療機関に限られます。

※参考資料

一般社団法人日本歯科インプラント器材協議会「費用について」[online]https://www.j-implant.jp/implant/fee.html(2019年4月10日参照)

インプラント全歯治療の方法について

インプラント全歯治療では、一般的に「4本」の専用インプラントで全歯を支える「オールオンフォー」と、さらに「5本」や「6本」の専用インプラントで全歯を支える「オールオンファイブ」・「オールオンシックス」などが行われます。

「All on 4(オールオンフォー、オールオン4)」

オールオンフォーとは、4本の専用インプラントを上あご・下あごのどちらかに埋め込み、その4本によって複数の歯(通常10~12本)の歯を支える治療法です。

現在では、オールオンフォーはインプラントを埋め込んだ即日から仮歯を装着できることが多いため、速やかに歯がそろった生活を始められるというメリットがあります。また、埋め込む本数がそれぞれのあごに4本ずつだけで済むため、全ての歯を1本ずつインプラントで置換するよりも費用が安く済むという点も見逃せません。

その他、予算に応じて上部構造の審美性を高めやすい点もメリットでしょう。

オールオンファイブ・オールオンシックス

4本のインプラントで行うよりも、さらに安定性を高める必要がある場合などでは、埋め込むインプラントの本数を5本(オールオンファイブ)や、6本(オールオンシックス)にすることが必要です。

オールオンフォーが適用となるのか、オールオンファイブやオールオンシックスが適用となるのかは、レントゲンやCTなどを使った事前の検査と専門医の診断によって決められるため、まずは適切な診察と検査を行うことが大切です。

インプラント全歯治療の注意点について

メリットの多いインプラント全歯治療ですが、注意すべき点もあります。

インプラント全歯治療は全てのクリニックで受けられない

インプラント全歯治療には精密な事前検査と高度な手術スキルが絶対的に不可欠であり、全ての歯科クリニックで受けられる治療ではありません。

条件によっては治療が難しい可能性

体質や持病の有無、年齢などによっては、インプラント手術を受けられなかったり、事前の治療が必要になったりするケースもあるでしょう。

歯を失う原因となった病気などの究明と治療

そもそも歯を失う原因となった病気があれば、事前にそれらの治療を行う必要があります。

全歯インプラント導入後の注意点

全歯インプラントの治療後は、日常的なオーラルケアと定期的なメンテナンスや診察によって、口内環境を正常に保つことが重要です。

特に歯周病や虫歯が原因で歯を失った人であれば、その再発予防は必須といえるでしょう。

そのため、インプラント全歯治療では、導入後のメンテナンス費用や通院費など、全てを考慮した生涯費用を計算することが大切です。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら