賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラント治療の前に!知っておきたいQ&A » インプラント治療の適正価格を詳しく!

インプラント治療の適正価格を詳しく!

インプラント治療は高額なのか?適正価格について考える

インプラント治療というと、高額な治療費を要する治療法の一つとして、多くの人から認識されている治療法の一つではないかと思います。実際に、2011年度に日本インプラントセンターが公表したデータによると、インプラント治療の相場は、約325,000円とのことでした。

インプラント治療が高額になってしまうその理由の一つには、自由診療が挙げられます。保険適用外の治療行為であるため、実費で支払う必要があるのはネックです。インプラント治療が高額になってしまう根本的な原因とはどのようなものか。

また、クリニックによって治療費の総額に大きな差があることが多いインプラント治療だからこそ、インプラント治療における適正価格を考えるのは大事なことです。留意しておきたい点を踏まえながら、インプラントの治療費用が高額なものになってしまう原因を見てきましょう。

クエッションインプラント治療はなぜ高いの?

アンサーインプラント治療が高額なものになってしまうその大きな原因の一つとして、インプラント治療が顎部骨を切削し、そこにインプラントを埋め込む外科手術を必要とする点が挙げられます。インプラント治療が高度な特殊外科手術であるため、インプラント治療に対応するクリニックや歯科医院はインプラント治療をスムーズに進めるための専用の環境や設備を用意する必要があるのです。

クエッションインプラント治療の設備かかるコストはどういうものがあるのですか?

アンサーインプラント治療を成功させるために必要な環境や設備の内、院内感染を予防するために重要な設備や対策があります。

手術で使用される道具の内、メス・針・手袋・ガーゼといったディスポーザブル(使い捨て可能)にできる物はディスポーザブルといった対策が必要です。また、特殊な減菌・殺菌機器や空調設備の導入をしたり、インプラント治療専用の専用の手術室を院内に設ける、といった対策も必要となります。

感染予防・対策にかかるコストが、インプラント治療が高額なものとなってしまう原因の一つです。インプラント治療を受ける際は、どういった対策をしているか、確認をしておきましょう。

ニュースで見かけるように院内の感染対策が不十分だったことで、院内感染が発生してしまうことは起こりえます。患部にメスを入れるインプラント治療においても、クリニック内の感染対策が不十分な場合には、同様のことが起きてしまう可能性があります。

クエッション有名なインプラントメーカーってなぜ高いの?

アンサーインプラント治療が高額なものとなってしまう原因に、クリニックが十分な環境を整備しているからということがありました。もう一つインプラント治療が高価になる要因として、歯として埋め込まれるインプラント体そのものの価格が高価である点も挙げられます。なぜインプラント体が高いかを説明します。

格安のインプラント体を目にする機会も増えており、安価なインプラントを使用して治療費の安さを最大のセールスポイントとしているクリニックもありますが、インプラントはある程度お値段のかかる有名なインプラントメーカーがおすすめです。安価なインプラントのすべてに問題があるというわけではありません。ただ、高価なインプラントはどういった点で優れているのかを知っておくと良いでしょう。

高価なインプラントを供給するメーカーとして名前が挙がるのは、世界四大インプラントメーカーと呼ばれる「ノーベル・バイオケア社」、「ストローマン社」、「デンツプライシロナ社」、「ジンマー社」の四社です。こうしたメーカーは積極的な製品開発および技術開発を行い、より身体になじみやすいように調整されたインプラントを販売しています。また、有名なメーカーは長い歴史を持ち、世界規模で標準的に使用されているインプラントの多くを提供しているのも特徴です。

有名なインプラントは豊富な臨床例をもち、クリニックの採用率も高い傾向にあります。トラブルが発生した際にも、臨床例が多いため、対処も見つかりやすいといえるでしょう。

格安インプラントと呼ばれるインプラントの多くは、有名インプラントに比べると症例数が少ないものです。また、全国のクリニックが取り扱っているわけではないため、例えば転勤等で引っ越しを場合に、引っ越し先でアフターサービスを受けることが難しくなってしまうというデメリットもあります。

世界四大メーカーに代表されるようなメーカーのインプラントには、高価なだけの理由があるといえます。信頼性や将来のアフターサービスを考えると、メーカーのインプラントを選ぶことはとても重要な要素です。

クエッションインプラントは他にも高くなる要素があるんですか?

アンサーインプラント治療が高額な理由として、あと一つ上げるなら上部構造のコストが挙げられます。インプラント手術は、インプラント体を顎部骨に挿入した後、インプラントに上部構造と呼ばれるかぶせ物をかぶせます。上部構造はセラミックかジルコニアが主流です。

上部構造は直接他の歯や食物と接触る部分であるだけに、高い耐久性が求められます。歯の場所でも重視する点が変わり、前歯であれば高い審美性が求められます。天然の歯と並んだ時の違和感をなくすためには、歯科技工士の高い技術力が必要です。

素材自体が効果であるという点に技術的な条件が加わり、上部構造も十分な品質のものを求めるのであればコストをかけるのも考えるべきでしょう。安価な上部構造の材質や作りによっては、耐久性が十分な品質に達してないことが多く、治療後に破損が発生することもありえます。

インプラント治療の選び方

日本インプラントセンター公表のデータが示すように、一本あたり約35万円~が、インプラントの適正価格というのはおかしいものではありません。注意としてですが、高ければ高いほど良いというわけでもありません。インプラント治療は有名なインプラントでもある程度目安があります。では、インプラント治療を考えてる場合、どのような基準でクリニック・歯科医院を選べば良いのでしょうか?

歯科医の技量をチェック

インプラント治療に対応しているクリニックを選ぶ際に大きな基準一つとなるのものに、まず、インプラント治療を担当する歯科医師の技術力があげられます。インプラント手術に長年携わり、豊かな経験を有している医師が望ましいことはいうまでもありません。学会認定の資格を持つ医師など実績を見てみるのもおすすめです。

クリニックの説明をチェック

次にインプラント治療に対応しているクリニックを選ぶ際に基準となるのが、クリニックの説明の分かりやすさです。一般的にインプラント治療には、治療期間が長期にわたる、治療費が高額である、手術に伴うリスクがある、といったデメリットがあります。インフォームドコンセントを遵守し、インプラント治療のメリットと合わせて、デメリットについても丁寧な説明を欠かさないクリニックが望ましいといえます。

アフターケアやフォロー体制をチェック

補償や定期検診といった治療後のアフターサービスが充実しているかに注目することも重要です。アフターサービスの条件や内容についてしっかりと確認することや、クリニックに国家資格を有した歯科衛生士が在籍しているか、といった点に留意すると良いでしょう。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら