賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラント治療の前に!知っておきたいQ&A » デンタルローンはどういうもの?

デンタルローンはどういうもの?

デンタルローンとは?

歯科医院で受けられるインプラントやホワイトニングは自由診療です。自由診療は保険が適用されない治療のため、治療費が高額になってしまうことも珍しくありません。デンタルローンは、そうした高額な治療費が発生する治療を歯科医院で受けることを考えている方々に向けて、治療費をローン会社や銀行が立替払いする制度です。

デンタルローン利用者は高額な治療費を一度に支払う必要がなく、治療費に手数料・利息を加えた金額を分割支払えます。手数料の分だけ余計な費用はかかりますが、高額な治療費のために断念せざるを得なかった治療が自由に受けられる点がメリットです。

ところで、高額な治療費の支払いのために利用することができるローンが他にないか気になる人もいるでしょう。例えば、デンタルローンの他に各銀行が提供している「多目的ローン」はどうでしょうか?治療費を分割で支払うこと自体はクレジットカードでも可能です。デンタルローンでなくても良いと考えることは不思議ではありません。

デンタルローンは利用目的が「歯科治療の治療費」だけに限られている代わりに、多目的ローンやクレジットカードでの分割支払いにはない多くの特徴があります。デンタルローンは、高額な歯科治療の治療費に十分に対応できるように、利用限度の上限設定が高く設定されているのが第一に挙げられます。利用する銀行および信販会社によって異なりますが、一般的には200万円~800万円をデンタルローンでは借り受けることが出来ます。

金利や手数料も多目的ローンやクレジットカードの分割払いと比較するとリーズナブルに収まりやすい点も、デンタルローンの大きな特徴です。利用する銀行・信販会社によって異なりますが、固定年利6%から設定されていることが多いようです。クレジットカードでの分割払いと比べると、より返済期間をより長く設定することが出来るという点も、デンタルローンを受けるメリットとして挙げられます。利用する銀行・信販会社によっては、治療費を最大で84回払いに分割することも可能です。

返済期間を長く設定することで、余裕をもって治療費を支払えます。さらに、デンタルローンで借り受けた金額に間しては、医療費控除を受けることが出来るという点も魅力です。

デンタルローンはこんな人におすすめ!

インプラント治療は保険適用がないため、治療費はどうしても高額なものになってしまいます。だからこそ、高額でも満足できる治療を受けたいという方や、多少医療費が高くなったとしても本当に信頼できる歯科医の治療を選びたいという方が多いかもしれません。予算を気にせず、医師や医院を選びたいと考えている方にとって、デンタルローンは非常にメリットの多いものになるのではないでしょうか?

また、治療費が十分に貯まるのを待たずに、すぐに治療を開始したいという方や、治療を受けるのであれば最新の治療を受けたいと考えている方にとっても、デンタルローンを利用することで得られるメリットは多いでしょう。

インプラント治療は高額だからこそ使用するインプラント本体も信頼のおけるメーカーにしたい方も多いはずです。ノーベル・バイオケア社を始めとする世界四大インプラントメーカーといった、国内でも採用実績が確認できるメーカーにこだわりたいと考える方もいるでしょう。同様に、前歯といった比較的目立ちやすい箇所にインプラント治療を施す場合には、審美性の高いジルコニア製の上部構造を選択したい、という方も多いかもしれません。

比較的、安価な治療費でインプラント治療を提供するクリニックも増えてきましたが、安価な治療費の理由は確認が必要です。インプラントはおおよその相場や目安があるため、あまりにも相場から外れる場合は信頼性・安全性・審美性のどれかで満足ができない可能性があります。治療費が高額すぎるのも問題ですが、格安すぎるのも問題です。インプラント治療は相場に見合った適切な金額が、結果的に金銭面でも治療面でも満足しやすいといえるでしょう。

手術が終わった後も口内に挿入されたインプラント体とは、数十年に及ぶ長期間付き合っていかなければなりません。使用するインプラント体や上部構造は品質に納得がいくものを使用したい、と考えている方にとって、支払いを支えてくれるデンタルローンは非常にメリットが多いものだといえます。

デンタルローンのメリットとデメリット

デンタルローンは一般的な多目的ローンやクレジットカードによる分割払いと比較すると、「利用限度額の設定が高額」、「手数料・年利が低い」、「返済期間を長期に設定できる」「医療費控除の対象となる」といったメリットをもっています。信販会社やクリニックによっては、クリニックがデンタルローンの窓口を兼ねている場合が多く、銀行の多目的ローンと比べると手続きが簡単な点も、デンタルローンの大きなメリットです。デンタルローンはメリットも多いものですが、もちろんデメリットもあります。デメリットについても知っておきましょう。

デンタルローンのデメリットは、利用に審査が必要となり、安定した収入のない学生や主婦の方は連帯保証人が必要となるということです。また、金利が低いといっても、返済期間を長期に設定した場合、手数料・利息がある程度の金額になってしまいます。一回一回の支払いはそこまででなくても、最終的な支払いが高くなりがちな点がデンタルローンの大きなデメリットといえるでしょう。全てのクリニックが必ずしもデンタルローンに対応しているわけではないことも、デンタルローンの大きなデメリットの一つといえます。

デンタルローンの返済計画例

以上の様なメリットとデメリットを持つデンタルローンですが、ここでは具体例を挙げながら、デンタルローンの返済計画がどのようなものになるのか見ていきましょう。

仮に、一本あたり総額400,000円のインプラント治療を、二か所施行するとしましょう。その場合、総額は800,000円となります。デンタルローンの年利が仮に8パーセントで、5年間の分割払いを組んだとすると、

となります。利子分が17万円になり、支払いは当初より20%程度は増えることになるのです。最終的な支払い額には注意してください。

デンタルローンを受ける前に知っておきたいこと

クエッションQ.申込資格はありますか?担保や連帯保証人は必要ですか?

申込資格は、利用する銀行・信販会社によって異なりますが、前述したように、基本的には20歳以上であるということと、安定収入があるということが条件となることが多いようです。また、安定収入のない主婦や年金受給者の方も、連帯保証人を立てることで利用出来る場合が多いです。詳しくは各信販会社・銀行までお問い合わせください。

クエッションQ.どうやって申し込んだらいいの?

デンタルローンの申し込み方法は利用する信販会社・銀行によって異なります。ただし、基本的には、1)クリニックが信販会社・銀行と提携している場合には、クリニックがの窓口から申込む、あるいは2)デンタルローンを取り扱っている各信販会社・銀行に直接申込みを行う、かのいずれかの方法が一般的です。

クエッションQ.返済方法はどうなるの?

デンタルローンの返済は、基本的には申込時に指定した金融機関から毎月自動引き落しとなります。また、信販会社・銀行によっては、一部繰り上げ返済や支払い途中での一括返済に対応しているという場合もあります。詳細は、各信託会社・銀行までお問い合わせください。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら