賢くインプラント治療をするための費用Navi » インプラント治療の前に!知っておきたいQ&A » 痛みや副作用はないの?

痛みや副作用はないの?

インプラントは手術が必要な治療。そうなると痛みや副作用の有無が気になりますよね?このページでは、インプラント治療における痛みや副作用について解説します。

インプラント治療の痛みや副作用に関するQ&A

クエッション手術中に痛みはあるの?

アンサー局所麻酔を行うことで、手術中の痛みを防ぎます。量としては、抜歯治療の約2倍程度ですが、これで手術中の痛みを防ぐことができます。治療の範囲が多岐にわたる場合や、歯科恐怖症・パニック障害の方のために、静脈内鎮静法という眠っている間に治療が済む麻酔法もありますので、クリニックに確認してみましょう。

クエッション麻酔を刺すときは痛くないの?

アンサー麻酔を打つための針を歯茎に刺すときにチクリとした痛みを感じることがあります。現在の歯科医療の現場では、この痛みをなるべく少なくするため、事前に表面麻酔という麻酔薬を歯茎に塗ったり、電動麻酔器によってゆっくり一定のスピードで麻酔液を注入したりなど、さまざまな工夫を行っている医院が多いようです。

クエッションなるべく負担の少ない治療を受けるには?

アンサーいくら麻酔などで痛みを緩和させても、治療そのものが安全でなければ意味がありません。しっかりと検査を行い、確かな技術によって最小限の切開で正確に埋め込まれたインプラントは、体の負担も少なく術後の回復も早く済みます。CTスキャンなどの設備がしっかり整っていて、症例数の多さや資格の有無など技術の裏打ちのあるクリニックを選びましょう。

クエッション麻酔が切れたときの痛みはどのくらい?

アンサー手術が終わった後、約1~2時間で麻酔が切れます。痛みの程度はじんわりと痛い位で、抜歯の痛みと似ています。クリニックから鎮痛剤と抗生物質が処方されますので、痛みを感じた場合は早めに飲むと良いでしょう。術後の痛みや腫れは長くても一週間以内には落ち着いてきます。

クエッションなるべく痛みを少なくするためには?

アンサー治療後は痛みや腫れ、出血を抑えるために、医師の指示に従って安静にしていましょう。手術当日は、入浴、飲酒、激しい運動、固い食べ物を噛むことなどは控えるようにしましょう。

クエッションインプラントに副作用はあるの?

アンサーインプラント治療は、基本的には副作用のほとんどない治療であるといわれています。使用する人工歯根も、人工臓器にも利用されるチタンでできています。人体への親和性も高く、アレルギーの心配のない素材です。

また、治療後に多いトラブルは、メンテナンス不足による感染症などです。インプラントに限らず、術後のメンテナンスは非常に大切です。怠ると歯周病にかかり、せっかく治療で埋めたインプラントだけでなく周りの歯も失ってしまいます。自宅での適切なブラッシング、医院での定期健診や定期クリーニングを忘れずにしっかり行いましょう。

クエッション麻酔には副作用はないの?

アンサーインプラントは通常の歯科治療に比べると約2倍の量の麻酔が必要になります。治療中に麻酔によって血圧が上がってしまう場合があります。治療の前に、しっかり検査を行い、高血圧などのリスクを持っている人には専用の麻酔を行うなどの配慮が必要です。クリニックによっては、麻酔科専門の医師が在籍している医院もあります。

クエッション手術後に腫れたり痺れたりしたら、どうするの?

アンサーインプラント治療のためには、人工歯根を埋める箇所の歯茎を切開・縫合します。小規模であれ、体を傷つける治療ですので、腫れや痺れが出ることがあります。通常、一週間以内で収まりますが、それ以上長く続く場合や耐えられない痛み・痺れの場合はすぐに医師に相談してください。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックのインプラント治療費用早見表@東京
【コミコミ価格で厳選!】おすすめクリニックの
インプラント治療費用早見表@東京

クリニックによって料金設定が異なるインプラント。安心のコミコミ価格で、納得のインプラント治療を受けられるクリニックを厳選して紹介します!

詳しくはこちら