渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » インプラントは何歳から受けられる?

インプラントは何歳から受けられる?

インプラント治療は高年齢の方が受ける治療として認知されている治療法です。しかし低年齢でも永久歯が抜けることはあり、インプラント治療ができるか知りたいところでしょう。

ここでは、インプラント治療を受けられる年齢について調査しました。

インプラント治療を受ける理由

インプラント治療は何らかの理由で抜歯した歯を補うために、顎の骨にインプラント体を埋め込んで、その上に人工歯を被せる治療です。

一般的には、歯を失うのは虫歯や歯周病が進行して抜歯する事が多く、低年齢層よりは高齢層に起きやすい症状であることから、インプラント治療を考える人が多いのは中高年以上とされています。

しかし事故や病気など、何らかの理由で若いうちに歯を失うこともあり、そんな方の人工歯の選択肢としてインプラントが提案される場合があります。では、実際に何歳〜何歳くらいまでインプラントを選択できるのでしょうか。

インプラントの標準的な治療可能年齢とは

インプラントはその治療方法から子どもへの治療は難しいと言われており、顎の骨の成長が止まる20歳以上なら治療できるとされています。

一般的には16歳ぐらいの年齢で全ての歯が永久歯になりますが、顎の骨の成長はまだ止まっていない可能性があります。発達途中の骨にインプラントを入れると、噛み合わせや顔の歪みが生じる可能性があるのです。

そのため、永久歯が生え変わる時期ではなく、骨の成長がストップすると考えられる20歳前後が、インプラント治療を受けられるようになる年齢とされています。

インプラント治療が受けられない年齢での治療法

骨の成長が見込まれることでインプラント治療を受けられない若年層。そのような時期に永久歯を失ってしまった場合、残された歯との間隔が空き歯並びが悪化する要因となります。

そのような場合、保隙装置(ほげきそうち)と呼ばれる、歯が抜けたスペースを保持する装置を入れたり、子ども用の義歯を入れて歯並びの崩れを防ぐ方法がおすすめ。インプラント治療が受けられる年齢になるまでの代替策として検討すると良いでしょう。

【コミコミ価格で厳選!】
おすすめのインプラント治療クリニック一覧を見る

インプラント治療を受けられる条件

成人以降は顎の骨の成長はもちろん終わっているので、90歳でもインプラントは可能です。しかし、それには様々な条件があります。

実際に、インプラント治療はどんな条件をクリアしないといけないでしょうか、代表的な条件を紹介していきます。

骨量や骨質が基準に達していること

インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋め込むという性質上、顎の骨の骨量や骨質が重要とされています。場合によっては、骨を移植するなどの方法もありますが、一般的にはしっかりとインプラント体を埋め込める骨がないと治療は出来ません。

治療に耐えられる健康体であること

インプラント治療は骨だけでなく、全身の疾患も関わってきます。代表的な病気で言うと、「糖尿病」「膠原病」「リウマチ」「骨粗しょう症」などの病気の場合はインプラントはできません。また、放射線治療を受けている場合もインプラントが出来ないとされています。

しかし、病気の状態をコントロールできるなら、主治医と歯科医の連携によりインプラント治療が可能な場合もあります。インプラント治療を視野に入れたい場合は主治医に相談してみましょう。

喫煙リスクが少ないこと

インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋め込み、インプラント体と顎の骨を結合させます。ヘビースモーカーの場合、このインプラント体と顎の骨の結合が弱くなる可能性があるとされており、実際にインプラント治療を受ける時には、禁煙または本数を減らす必要があります。

特定の薬を服用していないこと

インプラント治療が出来ない代表的な薬として、「ビスフォスフォネート」と言うものがあります。一般的に骨粗しょう症や骨転移防止、乳がんなどに使用される薬です。

ほかにも治療を受けるのに注意が必要な薬があります。インプラント治療を相談する際は、服用中の薬を正しく伝えることを忘れてはいけません。

口腔内の状態が良好であること

インプラントは、歯周病などで口腔内の状態が良くない場合も治療が出来ません。治療後も、インプラント周囲炎などの炎症がおこる可能性があり、予防のためにしっかりとしたメンテナンスを受けて口腔内の状態を保つ必要があります。

インプラントが出来るのは、成長期を終えた健康な大人

インプラント治療は、顎の骨の成長が終わってから、特定の持病がない健康的な大人であればほぼ受けられます。歯に自信がない方の中には、持病が少ない内にインプラントを検討するケースもあるそうです。気になる場合はインプラントに詳しい専門医などに相談してみましょう。

インプラントは、治療前に術前検査をしっかりと行い、インプラント治療がふさわしいか確認してから行われます。カウンセリングでも、持病や生活習慣などを確認するほど、細心の注意が必要な治療法です。もし既往症があるなら、適切な処置のもとインプラント治療を検討してください。

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、インプラントの知見が深いクリニック(※1)から、トータルの費用を安く抑えられるクリニック(※2)を厳選して紹介しています(調査日時:2021年9月)。

はちやデンタル
クリニック03-3408-6480
表参道しらゆり歯科03-3409-4118 RKデンタルオフィス
代官山03-6427-8999
費用総額
費用
220,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
220,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

表参道しらゆり歯科
費用
297,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

RKデンタルオフィス
代官山
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

※2021年9月の調査結果に基づきます。
※1 当サイト内で掲載されているクリニックの中から、日本口腔インプラント学会、国際口腔インプラント学会、日本顎咬合学会、日本先進インプラント医療学会のいずれかに所属しており、認定医以上の資格を保有している医師が在籍しているクリニック。
※2 インプラントの埋入に必要な「上部構造」「アパットメント」「インプラント」「オペ代」を記載している(または、追加料金がないことを記載している)クリニックの中から、インプラント1本あたりの価格が安い3クリニックをピックアップ。診察料、仮歯、骨造形手術代は別途かかる可能性がありますので、各クリニックにお問い合わせくさい。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

  • 第1位
    はちやデンタルクリニック
    03-3408-6480

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    220,000

    休診日:火

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    表参道しらゆり歯科
    03-3409-4118

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:祝

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    RKデンタルオフィス代官山
    03-6427-8999

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:月・木・祝

    公式HPへ移動