渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » 歯性上顎洞炎とインプラント治療

歯性上顎洞炎とインプラント治療

インプラント治療と歯性上顎洞炎の関連性ほか、症状や原因、対策などについて詳しく解説していきます。

歯性上顎洞炎とは?

歯性上顎洞炎とは、口腔内に起こった蓄膿症を指します。症状は「片方の鼻づまり」「歯や歯茎の痛み」「噛む際の痛み」「鼻から黄色い膿がでる」「頬の圧迫感」「頭痛」「発熱」などがあります。

上顎の奥歯の上にある骨の空洞を上顎洞といい、その部分の粘膜に細菌が入り込んで炎症が起きた状態。風邪や花粉、ストレスなどが原因で起こる蓄膿症とは発生原因が違います。

歯性上顎洞炎の原因

歯性上顎洞炎の原因は、元々上あごの骨が薄かったり、奥歯の根っこ先端が上顎洞と近い場合などが、炎症を起こしやすいとされています。下記のような原因があるなら歯性上顎洞炎と診断されます。

このような症状になってしまった場合、基本的には治療した歯科医院で受診・治療します。症状が進行している場合は大学病院や耳鼻咽喉科との連携が必要となりますので、症状は放置せず逐一医師に報告しましょう。

歯性上顎洞炎の治療法

歯性上顎洞炎の治療法は、主に2つの治療が行われます。上顎洞炎の治療と、原因となった箇所の治療を並行して快復を目指します。

  1. 抗生物質や消炎剤の服用:炎症を抑え、さらなる細菌感染を防ぎます。
  2. 切開による膿の排出:歯の根元あたりの歯ぐきを切開し、膿を取り出したあと生理食塩水などで洗浄します。

原因となったトラブルの治療について

次は、上顎洞炎の原因となった口腔内のトラブルについて、どのような治療があるか解説します。

虫歯や歯周病が原因

虫歯や歯周病が原因だった場合では、抜歯することがあります。まれに根管治療で歯を残せるケースもありますが、基本は抜歯するケースが多いようです。

抜歯が原因

抜歯が原因で、上顎洞炎になってしまった場合、まずは服薬で感染を抑え、抜歯部分が自然に閉じることを待ち様子を見ます。もし、自然に閉じなかった場合は、歯茎を縫い合わせる外科処置に移ります。

歯性上顎洞炎が改善されない場合

これらの対処をしても症状が改善しない場合は、口腔外科や耳鼻咽喉科による治療で膿を出すケースがあります。

副鼻腔炎を患ったことがある人は、インプラントの治療は上顎洞炎が起こりうるリスクがあると考えられています。治療前に過去の既往歴を話しておくことで、歯性上顎洞炎のリスクは軽減されるでしょう。

 

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、トータルの費用を安く抑えられるクリニックを厳選して紹介しています。

はちやデンタル
クリニック
水口インプラント
センター
オーラルプロポーション
クリニック
費用総額
費用
313,000円
363,000円
休診日
火曜
費用
410,000円
410,000円
休診日
木・日・祝
費用
260,000円
450,000円
休診日
日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
313,000円
363,000円
休診日
火曜

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

水口インプラント
センター
費用
410,000円
410,000円
休診日
木・日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-6300-9123

オーラルプロポーション
クリニック
費用
260,000円
450,000円
休診日
日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

0120-159-149

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ