渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » 50代のインプラント治療

50代のインプラント治療

節々の痛みや姿勢、体力など、ふとした瞬間に身体の変化を感じる50代。歯の状態も同様で、永久歯が抜け始める年代でもあります。歯がぐらついてきたり、歯が抜けたりしてショックを受け、インプラント治療が頭をよぎった50代の方に向けて、年齢的にインプラント治療は受けられるのか、50代で治療するメリット・デメリットについてまとめました。

インプラント治療は50代からでも治療可能?

結論、50代でのインプラント治療は可能です。インプラント開始の平均年齢は40~60代と言われており、50代はこの年齢層の丁度まんなか。年齢としては何らおかしくはない時期でしょう。

ただ、身体的変化が多い年代でもあるので、治療に際して考慮すべきポイントもあります。

50代女性が注意すべきリスク

50代になると、「閉経」に向けた様々な変化が訪れる女性の身体。閉経に伴いホルモンバランスが変わるため、更年期症状に加え、口腔内でもトラブルを抱えやすくなります。代表的なものが「骨粗鬆症」と「歯周病」です。

骨粗鬆症

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますが、一方の「エストロゲン」には骨密度の低下を抑える役割があります。閉経を迎えるとエストロゲンの分泌が少なくなるため、その影響をうけ、全身の骨密度も低下。骨粗鬆症になると、歯を支えている骨も弱くなってしまいます。

歯周病

口腔内のホルモンバランスの乱れは、唾液の分泌量の減少につながります。唾液には細菌増殖を抑制する機能があるため、唾液が少なくなると、歯周病の原因菌が増えるリスクが増加。また「ドライマウス」を併発してしまうケースも見られます。

唾液の分泌量が少ない口内では歯肉炎や歯周病が悪化しやすく、そのまま放置してしまうと歯を失う原因になりかねません。

50代でのインプラントメリットとデメリット

ここでは、50代でのインプラント治療をするにあたりどんなメリットがあるのか、またデメリット部分はどんなことがあるのか詳しく見ていきましょう。

50代でのインプラント治療のメリット

50代でのインプラント治療のメリットは「健康な他の歯もダメージを受けにくくなる」「老後もしっかりと噛める歯で食事が楽しめる」「きれいな見た目を手に入れられる」こと。インプラントは天然の歯とあまり変わりのない噛み心地を維持できるため、食事を噛んで味わう楽しみを得られます。

ブリッジの場合、他の健康な歯で抜けた部分の歯の担保をするため、元々健康だった歯にも負担がかかり、ダメージを受けてしまうリスクも。インプラントは1本ずつあごに埋め込んで固定するので、他の歯にダメージがかからず、健康な歯に余計な負担をかける心配が軽減されるのが特徴です。また、ずれる心配のない歯並びを保てるので、口元の見た目を心配せずにおしゃべりしたり笑ったりでき、自然な会話を楽しめます。

50代でのインプラント治療のデメリット

インプラント治療のデメリットは、治療期間が通常のブリッジや入れ歯治療より長くかかること、自由診療であるため高額になってしまうことです。また外科手術が必要なので、体調や持病によっては受けられないケースもあります。インプラント治療後には定期メンテナンスも欠かせないので、通院し続ける必要があります。手術が終われば治療が終了するわけではないことを頭に入れておきましょう。

インプラント治療を行う際の注意点

インプラント治療を受けたいと考えた場合、まず自分の口腔状態を検査してからインプラントが適しているか歯科医の指示を仰がなければなりません。骨粗鬆症やそのほかの持病があってもインプラント治療はできますが、状態や歯科医の技術、医院の設備によっては、インプラント治療を受けられないケースも。持病ある場合、歯科医と確認すべきポイントをまとめました。

骨造成が可能な歯科医院か?

「骨粗鬆症」の場合若い頃に比べ骨密度が減っており、あごの骨が弱っている可能性があります。骨造成や骨再生が出来る歯科医院であれば治療を受けられる場合もありますが、骨造成はどの歯科医院でも行っている治療法ではありません。

骨の面で気がかりなことがあれば、骨造成に対応している医院かを事前に確認しつつ歯科医院選びをしましょう。

持病を持っている場合は主治医と連携をとる

例えば「心臓病」を患っている場合、血液をサラサラにする薬を服用しているので、外科手術の際に血がとまりにくくなってしまいます。インプラント治療中、服用を一時中止しても良いか、持病の担当医とよく相談をしてからインプラント治療に臨むようにしましょう。

歯周病はインプラント治療前に治す

歯周病を患っている場合、せっかくインプラントを埋め込んでも、上手く定着しないでダメになってしまうリスクが増加します。歯周病が見つかった場合、先にそちらの治療を終えてからインプラント治療を受けるようにしましょう。しっかりと治療してからインプラント治療を行えば、インプラントはもちろん、他の健康な歯もより長い期間使用できるでしょう。

自分に合った歯科医院選びと治療法を聞きましょう

今回は、50代でのインプラント治療における、身体の変化によるリスクやメリットとデメリットをお伝えしました。50代は歯を失うリスクが高まってくる年齢にあたります。インプラントを望んだときできるだけスムーズに治療を受けられるように、治療に関わる注意点を把握し、普段の歯のケアや早めの治療に役立ててください。

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、インプラントの知見が深いクリニック(※1)から、トータルの費用を安く抑えられるクリニック(※2)を厳選して紹介しています(調査日時:2021年9月)。

はちやデンタル
クリニック03-3408-6480
表参道しらゆり歯科03-3409-4118 RKデンタルオフィス
代官山03-6427-8999
費用総額
費用
220,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
220,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

表参道しらゆり歯科
費用
297,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

RKデンタルオフィス
代官山
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

※2021年9月の調査結果に基づきます。
※1 当サイト内で掲載されているクリニックの中から、日本口腔インプラント学会、国際口腔インプラント学会、日本顎咬合学会、日本先進インプラント医療学会のいずれかに所属しており、認定医以上の資格を保有している医師が在籍しているクリニック。
※2 インプラントの埋入に必要な「上部構造」「アパットメント」「インプラント」「オペ代」を記載している(または、追加料金がないことを記載している)クリニックの中から、インプラント1本あたりの価格が安い3クリニックをピックアップ。診察料、仮歯、骨造形手術代は別途かかる可能性がありますので、各クリニックにお問い合わせくさい。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

  • 第1位
    はちやデンタルクリニック
    03-3408-6480

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    220,000

    休診日:火

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    表参道しらゆり歯科
    03-3409-4118

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:祝

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    RKデンタルオフィス代官山
    03-6427-8999

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:月・木・祝

    公式HPへ移動