渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » インプラント専門医とは

インプラント専門医とは

インプラントは高度な外科手術を伴う治療であり、単に歯科医師免許を持っているだけで治療できるものではありません。経験の浅いドクターによるインプラント治療の失敗例も報告されており、インプラント治療を行う際には、歯科医院・ドクター選びを慎重に行う必要があります。

インプラント治療ができる歯科医師の中でも、「インプラント専門医」の資格保有者は、経験豊富でより高度な技術や知識があると証明されているドクターです。医院やドクターを選ぶ際の、一つの判断基準となるでしょう。

インプラント専門医の認定学会

インプラント専門医の資格は、各学会やインプラントメーカーが認定を行っており、それぞれ認定基準も異なります。

インプラント専門医の認定学会には、「日本口腔インプラント学会」や「国際口腔インプラント学会(ICOI)」「日本顎顔面インプラント学会」があります。

「日本口腔インプラント学会」では、5年以上継続して正会員であることや、専門医教育講座の3回以上の受講、研修施設に5年以上在籍していることなどの条件をすべて満たし、資格認定試験に合格すると、インプラント専門医の資格が与えられます。

インプラント専門医の有効期限は5年。資格更新のために研究発表や研修への参加の有無など、学会が定めた審査を受ける必要があります。

参照元:専門医制度規程|日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/certification/specialty/kitei.html)

参照元:専門医制度施行細則|日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/certification/specialty/saisoku.html)

インプラント専門医の認定試験を受ける条件

専門医は、豊富な知識・経験や高い技術を有する歯科医師であることを証明する肩書です。そのため、認定試験を受けるためには一定の条件を満たしている必要があります。

「社団法人日本口腔インプラント学会」の場合、5年以上継続した会員であること、指定の講座や研修、学術大会への複数回の参加など、さまざまな条件を設定しています。もちろん、インプラント治療の症例数も、条件のひとつです。

条件を満たした歯科医師だけが受けられる資格認定試験では、筆記・面接試験を実施します。

参照元:専門医制度規程|日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/certification/specialty/kitei.html)

インプラント専門医の有効期限は5年間

一度資格認定試験に合格した後も、専門知識を日々アップデートし続けることがインプラント専門医には必要です。そのため「5年間」の有効期限が設けられています。

更新するためには、資格取得後に行ったインプラント治療に関するレポート(※3年以上経過している症例に限る)を3症例ぶん報告する必要があります。

参照元:専門医制度施行細則|日本口腔インプラント学会(https://www.shika-implant.org/certification/specialty/saisoku.html)

良いインプラント医院の選び方

専修医・専門医の資格がある

インプラント治療は、インプラント体を顎の骨に埋め込むことで、自分の歯に近い感覚で噛めるようになる治療です。隣にある無傷の歯を削ることなく、見た目の美しさも求められます。それゆえ、治療には専門性の高い技術が必要です。

インプラント治療を行う際には、歯科医師の資格だけでなく、歯科医師のインプラント治療の経験も確認するのが良いでしょう。判断基準のひとつとなるのが、所属学会。インプラント学会が認定する「専門医」や「専修医」などの資格を持っていて、日々技術を磨いているドクターを選ぶことが大切です。

適切で明瞭な治療費用

インプラント治療は、健康保険が適用されない自費治療です。そのため治療費は高額になりがちであり、その費用も歯科医院や治療するドクターによっても大きく異なります。必ずしも安ければ質が悪く、高ければ安心というものでもありません。せっかく高い費用をかけても、仕上がりに満足できなければ後悔が残ります。適正価格で納得できる治療法を提案してくれるところが良いでしょう。

中には、治療費の内訳を説明せずに治療を行うところもあります。治療費については特に、事前に確認することが大切です。

また、インプラント治療の実績や治療計画の説明、手術に必要な設備、衛生管理、術後のメンテナンスなどの面も十分にチェックすることをおすすめします。

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、インプラントの知見が深いクリニック(※1)から、トータルの費用を安く抑えられるクリニック(※2)を厳選して紹介しています(調査日時:2021年9月)。

はちやデンタル
クリニック03-3408-6480
表参道しらゆり歯科03-3409-4118 RKデンタルオフィス
代官山03-6427-8999
費用総額
費用
220,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
220,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

表参道しらゆり歯科
費用
297,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

RKデンタルオフィス
代官山
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

※2021年9月の調査結果に基づきます。
※1 当サイト内で掲載されているクリニックの中から、日本口腔インプラント学会、国際口腔インプラント学会、日本顎咬合学会、日本先進インプラント医療学会のいずれかに所属しており、認定医以上の資格を保有している医師が在籍しているクリニック。
※2 インプラントの埋入に必要な「上部構造」「アパットメント」「インプラント」「オペ代」を記載している(または、追加料金がないことを記載している)クリニックの中から、インプラント1本あたりの価格が安い3クリニックをピックアップ。診察料、仮歯、骨造形手術代は別途かかる可能性がありますので、各クリニックにお問い合わせくさい。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

  • 第1位
    はちやデンタルクリニック
    03-3408-6480

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    220,000

    休診日:火

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    表参道しらゆり歯科
    03-3409-4118

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:祝

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    RKデンタルオフィス代官山
    03-6427-8999

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:月・木・祝

    公式HPへ移動