渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » インプラント治療を中断するリスクとは?

インプラント治療を中断するリスクとは?

インプラント治療を中断するリスク

インプラント治療には、歯がなくなったところに仮歯を入れる期間があります。そこで治療を中断してしまうとどのような問題が生じるのか、インプラント治療を中断するリスクについての情報をまとめています。

インプラントとは?を見る

インプラント治療における仮歯の役割

手術を2度行う2回法の場合、インプラントの治療の流れとして、まずはインプラントを埋入する手術を行い、次に歯肉を被せてインプラントが顎骨と結合するのを待つ期間があります。いわゆる仮歯装着期間です。その後歯肉を開いてアバットメントを取り付ける手術を行い、周囲の組織が回復してから人工歯を取り付けるのですが、このように各手術の間に待ち時間が生じます。

埋入したインプラントと顎骨が結合するまで仮歯のまま過ごす時期が、個人差はありますが3~6カ月ほど発生するもの。仮歯はインプラントが顎骨に結合するまでの期間、口元を自然な状態に保つため必要になるもので、噛み合わせや歯並びが悪くなるのを防ぐ役割もあります。歯がないままだと周囲の歯が空いているところに寄って来てしまうのですが、その防止策であるほか、細菌が歯肉に感染しようとするのを防ぐ役割もあります。人工歯を取り付ける前に、歯の感触や噛み合わせなどを確認する時にも役立ちます。

インプラント治療を中断した際に起こるリスクとは

仮歯が機能していても、インプラント治療を中断してそのままにしてしまうことには大きなリスクがあります。

まず、仮歯はあくまで一時的な人工歯ですので、耐久性が高くありません。長期間放置していると外れてしまうことがあります。また主にプラスチックでできている仮歯は、摩耗や咬耗しやすい性質になっています。長期間使用していると、歯と歯の間に隙間ができ、隣の歯や向かい合う歯がその隙間に寄ってきてしまいますので、噛み合わせが悪くなる可能性も。仮歯の状態のままで、長期間過ごしてしまうと、治療開始時とは口内環境が変わってしまうため、最終的にはめる予定だった人工歯も合わなくなってしまうことがあります。

仮歯には細菌感染を防ぐ「ふた」の役割もあるのですが、摩耗や咬耗を続けることでヒビが入ってしまう場合も。そこから細菌が侵入しやすくなってしまいます。摩耗や咬耗によって噛み合わせが変わってしまうと、噛んだ時に想定以上の力が一か所に偏って加わる恐れもあり、埋入しているインプラントが外れてしまうリスクまであるのです。またプラスチック製の仮歯は着色しやすい特徴もあり、ステインや細菌などの付着によって、見た目の審美性を損なうともいえるでしょう。

まとめ

インプラント治療を中断し、仮歯の状態で放置してしまった際に起こるリスクやデメリットは数多くあります。自分のお口の健康のため、また高額なインプラント治療費を無駄にしてしまわないためにも、一旦治療を始めたら、医師の指導通りに通院し、最後までやりきるようにしましょう。

 

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、トータルの費用を安く抑えられるクリニックを厳選して紹介しています。

はちやデンタル
クリニック
水口インプラント
センター
オーラルプロポーション
クリニック
費用総額
費用
313,000円
363,000円
休診日
火曜
費用
410,000円
410,000円
休診日
木・日・祝
費用
260,000円
450,000円
休診日
日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
313,000円
363,000円
休診日
火曜

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

水口インプラント
センター
費用
410,000円
410,000円
休診日
木・日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-6300-9123

オーラルプロポーション
クリニック
費用
260,000円
450,000円
休診日
日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

0120-159-149

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ