渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » 奥歯のインプラント

奥歯のインプラント

このページでは、奥歯のインプラント治療を受ける場合のメリットやデメリット、またインプラント治療を検討すべきケースなどをまとめました。奥歯は食べ物を噛むうえで、重要な歯です。インプラント治療を考えている人は、治療方法や注意点を事前に把握しておきましょう。

奥歯が担っている役割

奥歯は普段目に触れる場所ではないので、生え方や治療について、意外と軽視されるケースが少なくありません。奥歯は歯の中でも重要な働きを担う部分です。健康的な生活を送るうえで奥歯を適切に機能させることは、とても大切になります。

奥歯は噛む力が一番強い

かたい物を噛む時、自然と奥歯を使っていませんか。噛む力が最も強い歯は奥歯です。奥歯が不安定だと食べ物が噛めず、食事に支障が出て、食べられる物に制限も生じてしまいます。

噛む力や弱まって、食べ物が十分細かくできないと、消化吸収が悪くなってしまいます。そうなると栄養の摂取にも悪影響を及ぼすことに。

奥歯の機能を正常に保つことは、健康を維持し、生活の質を保つことにも繋がります。

奥歯によって噛み合わせの状態が決まる

人間の噛み合わせは、上顎と下顎にそれぞれ左右1本ずつ生えている、第一大臼歯によって決まります。

第一大臼歯の不具合によって歯全体の噛み合わせが悪くなると、様々な健康リスクが高まるとともに、見た目の美しさが損なわれる可能性もあるでしょう。

奥歯は顔の輪郭にも影響する

噛み合わせが悪いと、顔がゆがみ、輪郭にも影響が出ます。普段から奥歯を正しく使えていないと、顎や顔の周りの筋肉が衰えてしまうことも。奥歯の不具合を放置していると、そのうち顔の輪郭まで変わってしまうかも知れません。

親知らず

前歯に近い方から順に数えられます。一般的には「親知らず」とも呼ばれる大臼歯。第一から第三まであり、人によってはまっすぐ生えてこない、そもそも親知らずがないと言うケースも少なくありません。

生え方や状態によってはそのまま放置して良い場合もありますが、将来的な安全性を考慮して抜歯を進められる場合も。食事や噛み合わせが気になる人は、歯科医師へ相談して、適切な処置を判断してもらいましょう。

奥歯のインプラントを検討するべきケース

様々な役割を担う奥歯は、体のバランスや健康状態を大きく左右する重要な身体要素のひとつ。もしもあなたが、体調や見た目の悩みを抱えている場合、奥歯の不具合は改善すべき重要なポイントになります。

一般的に奥歯のインプラントが検討されるのは、どういったケースがあるでしょうか。具体的なシチュエーションを例にあげて、解説します。

口内の病気によって奥歯を抜歯した場合

虫歯や歯周病といった口内の病気により、奥歯を抜歯する人もいるでしょう。奥歯を失うことで、様々な健康被害のリスクが高まります。

そうならないために、奥歯の抜歯を行う際には、インプラント治療も同時に検討することがあります。奥歯の機能を保つためには、インプラント以外にも「入れ歯」や「差し歯」などの選択肢があります。どの治療法が自分にとって最適かは、納得いくまで担当医師と相談したうえで決めましょう。

インプラントは、虫歯や歯周病などの一般歯科治療が完了するまでは行えません。まずは口内環境を整え、治療中も毎日のオーラルケアの習慣を欠かさず、清潔に保つことが大切です。

事故による歯の喪失

交通事故にあって顔面を強打したり、何らかの衝撃により奥歯が損傷してしまったりした時、欠損した奥歯の代わりに、インプラントを検討することがあります。

生まれつきの病気で歯が足りない

先天的な病気で奥歯の本数が不足したり、そもそも奥歯が生えてこなかったりといった時に、インプラント治療を検討するケースがあります。

インプラント治療によって、奥歯の機能を補えますが、体質や骨の状態によってはインプラントが適合しない場合も。まずは治療が可能かどうか、精密検査で診断してもらうことが必要です。

奥歯のインプラントのメリット・デメリット

ここでは奥歯のインプラントに絞って、治療にまつわる様々なメリット・デメリットを紹介します。奥歯のインプラントを検討するにあたって、通常のインプラントとの違いについてを事前に確認してみましょう。

重要な働きを担う奥歯だからこそ気をつけたいポイントを、項目別に詳しく見ていきましょう。

奥歯のインプラントのメリット

違和感が少ない

噛む力が非常に強い奥歯は、歯にかかる負担も大きくなります。少しでもサイズや形が合っていない入れ歯を使用すると、敏感な口内では大きな違和感を覚えます。四六時中ストレスを感じてしまい、歯茎や他の歯を傷つけるリスクも高まるでしょう。

インプラントなら、天然歯に近づけた歯の生え方や位置を踏まえ、事前のシミュレーションが可能。違和感を可能な限り、減らせます。

噛む力を取り戻せる

入れ歯や差し歯を使用している場合、装着時に違和感があると、思うように噛む力を伝達できません。痛みまで発生すると、日常生活そのものがストレスになってしまいます。

インプラントなら天然歯に近い感覚で噛めるため、食事の満足度も得られ、快適な暮らしを送れるようになるでしょう。

発音が改善される

言葉を発するうえで、歯の形や形状は重要です。奥歯がない場合や入れ歯が合っていない場合、歯の隙間から空気が漏れて、言葉が正しく発音できなくなることがあります。

インプラントであれば、他の歯との相性も考慮して人工歯を作成するので、発音の問題が改善され、会話の悩みも改善されるでしょう。

正しい噛み合わせで全体のバランスに働きかける

顔のゆがみ・頭痛・腰痛・肩こりなどは、噛み合わせが原因の場合も。インプラントで奥歯を正しい状態にできれば、噛み合わせが改善され、体全体のバランスも整えられるでしょう。

奥歯のインプラント治療で、見た目はもちろん、健康的なリスクの改善も期待できます。

奥歯のインプラントのデメリット

治療費が高い

病気やケガの治療の一環でインプラントが必要とされる場合を除き、基本的にインプラントは自由診療です。保険が適用される歯科治療と比較すると、費用負担が大きくなるデメリットがあります。

同じインプラントでも、使用する素材や手術法によるコストの違いも大きく、口内の状態によっては、治療費が高くなることも考慮しなければなりません。

見た目の美しさを重視すべき前歯に対して、あまり外からは見えにくい奥歯なら治療費を抑えられるケースも。検討する際は、事前に治療内容が適切か確認しましょう。

体質によって手術が難しい場合もある

インプラント治療は、土台となる人工の歯根を顎の骨に埋め込む必要があります。本人の骨に強度が足りない場合は、そのまま埋め込み手術を実施できません。その場合は骨造成や骨移植といった補強治療を施すことで、対応できる可能性があります。

どの程度の骨造成や骨移植が必要になるかは個人差があり、インプラント治療の種類によっても変わります。十分な骨量を確保できるまでに、どれくらいの期間やコストが発生するのかも違ってくるので、最終的な治療期間や総額を治療へ入る前に把握しておきましょう。

治療期間が長い

顎の骨に問題がなかった場合でも、インプラントは口内環境の健全化に加えて、事前の精密検査や土台の埋め込みといった外科手術も必要になります。簡単に作れる入れ歯や差し歯に比べて、治療が完了するまでに長い期間が必要です。

治療後のオーラルケアが必須

インプラントによって歯を取り戻したとしても、治療後の適切なオーラルケア習慣を身につけなければ、口内環境を健全な状態には保てません。せっかく歯を取り戻したとしてもセルフケアを怠れば、今度はインプラント歯周炎を誘発して、インプラントを失ってしまうリスクが生じます。

オーラルケアによって歯や口内の環境を健全に保つことは、どんな人にとっても重要です。しかし、インプラントは入れ歯の作り直しと比較にならないコストと時間がかかるため、失った時の損失が大きくなる前に注意してください。

 

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、トータルの費用を安く抑えられるクリニックを厳選して紹介しています。

はちやデンタル
クリニック
水口インプラント
センター
オーラルプロポーション
クリニック
費用総額
費用
313,000円
363,000円
休診日
火曜
費用
410,000円
410,000円
休診日
木・日・祝
費用
260,000円
450,000円
休診日
日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
313,000円
363,000円
休診日
火曜

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

水口インプラント
センター
費用
410,000円
410,000円
休診日
木・日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-6300-9123

オーラルプロポーション
クリニック
費用
260,000円
450,000円
休診日
日・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

0120-159-149

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ