渋谷のインプラント適正価格Navi » インプラントのキホンをおさらい » 20代のインプラント治療

20代のインプラント治療

20代で歯を失ってしまった場合、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」どの治療法を考えるにしても、友人や周囲の人に経験者も少なく相談しづらいことが予想されます。実情がわからずなかなか踏み切れないで悩んでいる場合も。交友関係も広く、人前に出る機会も多い年代なので、見た目も気になるでしょう。

20代で何らかの事情により歯を失い、治療法に迷っている方にはインプラントをおすすめします。ここでは、20代で治療が必要となる要因やインプラント治療のメリットデメリット、治療を受ける際の注意点をお伝えします。

インプラント治療は20代で可能?

20代でインプラント治療を受けること自体は可能です。しかし、20代で歯を失うケース自体、高齢の方に比べ数が少ないため、20代のインプラント治療数も多くはありません。

20代のインプラント治療においては、他の年代ではあまり考慮する必要のない注意点もあります。

20代で歯を失う原因について

20代で歯を失ってしまうケースは主に4つあります。一つに、虫歯を放置してしまい歯を抜かざるをえない状況になるケース。神経に達するまで重症化した虫歯は、最悪の場合根っこから抜かなければならず、これが原因で歯を失ってしまう方もいます。また歯磨きの習慣がなく重度の歯周病になってしまい、歯がぐらつくまでに進行してしまったというケースも。その他、自分では気が付かない「歯ぎしり」のクセを持っていた方で、気が付かないうちに歯を破損させてしまった場合があります。亀裂から細菌が入り歯茎に炎症を起こしてしまい、重症化を防ぐためやむなく抜糸の判断を下されるケースです。最後に、生活習慣の問題ではなく、スポーツや事故で突然歯を失ってしまうケースもあります。

20代でインプラント治療を受けるメリット

20代でインプラント治療を受ける場合に考えられるメリットを紹介します。

キレイな歯を手に入れられる

第一に、天然の歯と変わらない見た目を手に入れられる点があります。活動的で交友関係も広い20代。年齢的に「歯が無い」という人も少ないため、周囲の目が気になりやすいでしょう。

歯を失ったまま対面するのには精神苦痛を伴う場合も。インプラント治療で天然歯と見た目の変わらない口元になれるのは、年齢的に大きなメリットを感じられるでしょう。

自分の歯と同様の噛み応えを味わえる

インプラントはあごに直接埋め込む手術となるため、自分の歯と変わらない噛み応えで食事を楽しめます。入れ歯の場合、以前とは違った感触になってしまうため、慣れるまでは気を取られ、食事に集中できない可能性もあります。ご飯の楽しみを損ないたくない場合はインプラント治療をおすすめします。

外科手術に耐えられる体力がある

インプラント治療は外科手術を行います。体力がなかったり持病があったりする場合、インプラント治療を希望しても受けられない可能性がありますが、20代は高齢者に比べれば治癒力、体力共に問題なく、術後の回復も早いと見込まれます。同時に感染症の発症リスクも下がるため、他の年代よりも懸念材料が少ない状態で手術に臨めるでしょう。

残った健康な歯を守れる

ブリッジの場合、隣接する健康な歯を削り被せものをします。抜けた歯のカバーをする歯にも負担がかかり、将来的にトラブルを抱える可能性が高く、治療を受ける必要が出てくることも少なくありません。入れ歯の場合も同様で、金具を隣の歯に装着するため、元々健康であった歯に負担をかけてしまいます。

一方インプラントの場合は1本からの治療方法となり、隣接する歯に影響を及ぼしません。残っている健康な歯を守れるため、自分の歯を残したいと考えている方におすすめです。

術後の自己治癒力が高い

20代は自己治癒力も高く、インプラント治療後のカギとなる「インプラントと骨の結合」が比較的早く済むとされています。術後の定着率が悪いと再手術の可能性も高まりますので、経過観察をしっかりと受け、インプラント治療の状態をしっかりと見ておきましょう。高齢の方より自己治癒力が高い20代は、手術後の状態も回復する力が早いため、おすすめと言えます。

20代でインプラント治療を受けるデメリット

次は、インプラント治療を受ける際のデメリットを見ていきましょう。20代でインプラント治療を受けるデメリットは主に2つ、「治療費用が高いこと」と「定期メンテナンス期間が長い」ことが挙げられます。20代で躊躇いなくインプラント治療に踏み切れる所得があったり、十分な貯蓄があったりするとは考えにくく、誰かの力を借りる必要が出てくるのが一般的でしょう。場合によってはデンタルローンも選択肢にあるので、検討の余地はあります。

治療後、定期的に通う必要のあるメンテナンスについても注意が必要です。20代は、卒業や就職で引っ越す機会も少なくない年代。インプラントの定期メンテナンスは、治療を受けた病院に継続して通うことが望ましいため、長く通える場所にある病院を選ぶことが推奨されます。

インプラント治療を受ける際の注意点

インプラント治療を受けるにあたり、念頭に置くべきことが2点あります。1つは、「定期メンテナンス」を行うこと。インプラント治療を行った場合、ついて回るのはインプラント周囲炎のリスク。インプラント周囲炎は、最悪の場合インプラントが抜け落ちるまでに悪化します。日頃のケアと、半年に1回の定期メンテナンスを行うことで防げるため、ケアを怠らないようにしましょう。

もう一つに「あごの成長がストップしているか」が挙げられます。あごが成長段階にある10代後半はまだインプラント治療ができません。20代になっていれば、一般的には治療可能とされていますが、あごがまだ成長段階であれば、インプラント治療はもう少し先に伸ばした方がよいでしょう。治療が受けられるかどうかは、よく歯科医とご相談のうえで行ってくださいね。

トータルで安い
インプラントを受けられる
渋谷区のクリニックを紹介

インプラント治療を受けようと思った時、やっぱり心配なのは費用ですよね。このサイトでは、渋谷区のクリニックを徹底調査し、インプラントの知見が深いクリニック(※1)から、トータルの費用を安く抑えられるクリニック(※2)を厳選して紹介しています(調査日時:2021年9月)。

はちやデンタル
クリニック03-3408-6480
表参道しらゆり歯科03-3409-4118 RKデンタルオフィス
代官山03-6427-8999
費用総額
費用
220,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

公式HPで
費用詳細を詳しく

はちやデンタル
クリニック
費用
220,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3408-6480

表参道しらゆり歯科
費用
297,000円
休診日

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

RKデンタルオフィス
代官山
費用
297,000円
休診日
月・木・祝

公式HPで
費用詳細を詳しく

03-3409-4118

※2021年9月の調査結果に基づきます。
※1 当サイト内で掲載されているクリニックの中から、日本口腔インプラント学会、国際口腔インプラント学会、日本顎咬合学会、日本先進インプラント医療学会のいずれかに所属しており、認定医以上の資格を保有している医師が在籍しているクリニック。
※2 インプラントの埋入に必要な「上部構造」「アパットメント」「インプラント」「オペ代」を記載している(または、追加料金がないことを記載している)クリニックの中から、インプラント1本あたりの価格が安い3クリニックをピックアップ。診察料、仮歯、骨造形手術代は別途かかる可能性がありますので、各クリニックにお問い合わせくさい。

【追加費用ナシ】 価格に納得してインプラント治療を受けられる
クリニックまとめ

  • 第1位
    はちやデンタルクリニック
    03-3408-6480

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    220,000

    休診日:火

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    表参道しらゆり歯科
    03-3409-4118

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:祝

    公式HPへ移動

  • 第2位
    タイ
    RKデンタルオフィス代官山
    03-6427-8999

    インプラント1本あたりの
    費用総額

    297,000

    休診日:月・木・祝

    公式HPへ移動